posts from category: 最近思うこと

最近思うこと 2013.12.13

先日東京であったデモに何とかして参加しようと思ってたのですが、大豆の選別が終わらなくて行けませんでした。 今週は千切り大根を干す棚を作りながら、ずっと行くべきだったと後悔していました。 こうやって自分の作業を優先にしてたら、また結局同じ事が起こるだけなんじゃないのか?って。 どんなに頑張っていいものを作ったって、あれが起きたらまた同じことなんじゃないのか?って。 そんな中、両親がなにやら未来のために動いてくれてることを知ったり、 宮崎でそういう農業をやってることが大きなデモ行動だと言ってくれた人がいたりして、少しホッとしたりもしています。 と同時に自分の立ち居地が分かってきた気がします。 僕らは農業が大好きで、農的な暮らしがこれからの世の中を良くしていくんだと信じています。 そんな僕らに出来ることは、そんな暮らしの価値観を周りに広めること、新規就農者のハードルを下げて志のある農業者を増やすこと、 そして良い食べ物を沢山の人に食べてもらうことの三つだと思ってここ数年やってきました。 でも今の自分達やあの頃の出来事や今の社会を少し落ち着いて見れるようになってきて、 もう一つやらなきゃいけない事があるんじゃないかなーと感じます。 こんな僕らだからこそ出来ることがあるんじゃないかと。 まだまだイメージだけで形にはならないけれど、徐々に形にしていかなきゃなと思ってます。 まー焦らずにコツコツと。 とりあえず明日は棚作りに集中です。 千切り大根を早く皆さんに食べてもらわなきゃ。 そんなことを考えながら一年を振り返りつつ、また新たな力が湧いてきた年末でした。 みなさん、これからもよろしくお願いします!

強い農業

みなさんこんにちは。 やさいだ家は今週土曜日に初めての茶摘を控えて少しそわそわしています。 ところで最近「強い農業」って言葉をよく聞きます。 よく聞くので何が強い農業なんだろうかとよく考えます。 世間では土地を集めて、生産性を向上させて、大きく大きくやっていくのが「強い農業」ってイメージですが、 僕は小さくても消費者と深く繋がっている農業が本当に「強い農業」だと思います。 作る人が食べる人の顔を思い浮かべながら作物や生き物を育てて、食べる人は作る人の想いや人柄なんかを感じながら食べる。 お互いがお互いを支える気持ちで食べ物のやり取りができれば、こんなに「強い」ものはないと思います。 ずっと前にも書いたかもしれませんが、僕の師匠の農園はずっと消費者の人達と 「消費者は生産者の生活を守り、生産者は消費者の命を守る」という言葉で繋がってきました。 こんな関係ができていれば、いくら小さい農園だってずっと継続してやっていけると思います。 こんな農園が増えれば日本の農業は最強です。 やさいだ農園も沢山の消費者の方々や応援してくれる方々に支えられています。 でもそういった人達を支えられる立場にはまだまだなっていませんね。 土地への愛着、作物への想い、消費者との繋がり・・・。 まだまだ先輩方には遠く及ばない「貧弱農業」です。 でも小さいながらも楽しく、熱く、そしてなによりもず~と下の人達にも続けられるような、 そんな農業を目指して、がむしゃらに明日からも頑張ろうと思います。 なんかよく分かりませんが、ありがとうございました!