歩みとメッセージ

やさいだ農園は2010年に夫の地元である神奈川県藤沢市で、夫婦で始めた有機農園です。

その後、東日本大震災を経て妻の地元である宮崎県国富町へ移り、自然養鶏を取り入れ、今のスタイルになりました。

2018年からは藤沢市でお菓子さしもすとして、お菓子の製造販売も始めました。

 

田畑とは無縁の我々夫婦が農の道へ進んだのは、娘の誕生がきっかけでした。

子供に食べさせる物を自分が決める立場になって、初めて人間て食べたもので出来てるんだなと気づいたのです。

今考えれば当たり前の事なんですけど。

 

食べ物に興味を持つと、作り方が知りたくなります。

より安心して子供に食べさせられる物を考えていたら、有機農業に出会いました。

神奈川県の有機農家、相原農園さんに研修生として通わせて頂き、

他の生き物との共存を考えながら土と向き合う有機農業にのめりこみました。

人間がどうすることもできない厳しい自然の力。

その中で食べ物を作るという人間にとって一番大切な事を生業として、

シンプルに生きる農家という生き方にとても惹かれました。

 

食べ物を自分で作ってみると、水や空気、土や風がどれだけ人間にとって必要な物なのかが分かります。

それらを汚せば、その汚れは全て人の体に帰って来ることが良く見えます。

この世界はどんどん汚れていきます。そして人もどんどん不健康になっている気がします。

 

このままでいいのかな? 

自分達の子や孫の世代は、この世界の先でうまく生きていけるんだろうか?

そんな疑問を常に心に抱きながら、農作業に汗を流す毎日です。

 

子供達にはもっともっと元気な食べ物を食べてもらいたい。

自分達がもっとシンプルに生きて行けば、何か変わるかもしれない。

そんな思いでこれまで、迷いながらも農と向き合ってきました。

 

気づけば家族は7人に増え、次世代への心配事は増すばかりです。

それでも色々な形で応援してくれる方々に支えられながら、

自分達なりに正しい方向に進めてるんじゃないかなと思える様になりました。

 

この先もずっと食べ物で人を健康にして、幸せにして、そして未来に繋がる農業や生き方を考えながら、

家族で力を合わせて頑張っていきたいです。

皆さま、これからもやさいだファミリーを宜しくお願いします!!